ルーキー監督セ界へ出港! 第3話 方針変更!?

佐藤敬「えー、ご無沙汰してます」

光次郎「ご無沙汰させ過ぎじゃない?」

佐藤敬「返す言葉もございません…、えー色々とあり過ぎた事でちょっとやり方を変えようかと思いまして」

神山「どういう形でやるんだ?」

佐藤敬「これまで1カードを細かくやってきましたけど今回からはサクサクっと進めていって細かくやろうかなと思った時は細かくやっていこうかと思います」

光次郎「まぁ、やり方は色々とあるのでね。ちょっとついて行くのが大変かもしれないですけどこれからもよろしくお願いいたします」

佐藤敬「ってな感じでまずこのブログをあげるまで計15試合を消化したけどまぁ、こっちも色々あり過ぎ」

f:id:Hamanokarisuma2:20201014231442j:plain

佐藤敬阪神戦1勝2敗の後、中日相手に初戦を落として最下位に一時期転落」

神山「あの時は顔が死んでたな」

佐藤敬「とにかく前に挙げた2人(ポール、神楽坂)が打てないのよ。特に神楽坂が酷い、サヨナラホームランで復帰かと思ったら3度の満塁チャンスを全潰し」

光次郎「結局あの後抹消したね」

佐藤敬「古畑を上げたかったのもあるけど流石にあそこまで見せられるとな、そこから打線のテコ入れもしたし」

神山「まさか光次郎が4番を打つとはな…」

f:id:Hamanokarisuma2:20201014232207j:plain

光次郎「けど結果は残しましたよ」

佐藤敬「それも含めての7連勝だと思うな」

神山「最初はどうなるかと思いながらも気付けば悪くない位置に着いている感じで」

佐藤敬「狙えるなら狙っていくからそのつもりで」

『へーい』


佐藤敬「それじゃあ最後はここまでで印象深い選手の紹介」

光次郎「そんなのやるんだ」

佐藤敬「あまりデータを取ったりするのが苦手だから本当に印象深いっていうのをメインでやっていくから」

神山「投手と野手1人ずつか?」

佐藤敬「ケースバイケース、まず投手は間違いなくリベラ」

f:id:Hamanokarisuma2:20201014232733j:plain

佐藤敬「能力的に当然、って思うかもしれないけど唯一の失点自責点0は評価するしかないだろ」

梅山「ちなみに投手陣は防御率(4.84)失点(77)被安打(199)とリーグワーストを誇ってるぞ」

佐藤敬「説明ご苦労、防御率4.86のエース」

梅山「ここから巻き返してやるからな!?」

佐藤敬「話を戻してここまで6回と1/3イニングを投げてこの成績なんだからな、様々だよ」

神山「野手は?」

佐藤敬「うーん、まぁ途中まで良い勝負をしてたけど光次郎は落ちなかったな」

f:id:Hamanokarisuma2:20201014233335j:plain

神山「15試合で打率.563(71-40)12打点で得点圏も5割超、8度の猛打賞、出塁率.581で長打率は.592、OPSに至っては1.173…」

光次郎「どっすかー?」

神山「お前ドーピンg…「してねぇっすよ!?」冗談だ、とはいえこの数字は冗談じゃないな」

佐藤敬「本当は桜木も5割を超えてたが少しペースダウンをしたな、それでも打率.458は立派だ。そんで少し番外編だがもう1人評価したい選手がいるんだよ」

光次郎「ほうほう?」

佐藤敬「六道なんだが見てくれ」

f:id:Hamanokarisuma2:20201014233751j:plain

神山「この能力でこの数字とは…」

光次郎「こっちこそ何かやって…」

佐藤敬「それ以上は良くない!まぁ冗談はさておき、この打率は中々に目を張るものがあるだろ?これのおかげで一部否定的だった2番六道が安定して使えるようになってきてるんだよ」

神山「とはいえ疲労が溜まってきてるだとか?」

佐藤敬「根性で乗り切ってもらうしか…」

光次郎「ブラックだねぇー」

佐藤敬「もちろん場合によってはと言うか既に杉岡との併用も始めてるけどメインは六道だからな!頼むぞマジで!!」

光次郎「ところで監督の成績は?」

佐藤敬「聞いて驚け!3試合先発で防御率1.02で勝率10割!」

神山「だが打撃は.286と平凡で打点もたったの1」

梅山「とどめに勝率10割を誇りながら勝ち星はたったの1勝」

f:id:Hamanokarisuma2:20201014234906j:plain

佐藤敬「勝たせてください…ってな感じで今回はここまで」

神山「次回も少し感覚が開きますがお楽しみに」

佐藤敬「それではまた」





おまけ

野手成績の一部

f:id:Hamanokarisuma2:20201014234324j:plain

投手成績の一部

f:id:Hamanokarisuma2:20201014234926j:plain


チーム内成績

投手

勝利数
1位 2勝 生田
2位 1勝 佐藤敬ら多数

投球回、防御率は表の通り

野手

打率は表の通り

本塁打

1位 常盤 4本
2位 ポール 2本
3位 中島
神山
神楽坂 1本

打点

1位 阿部光 12打点
2位 常盤 11打点
3位 桜木 10打点

ルーキー監督セ界へ出港! 第2話 指名手配

佐藤敬「悪い夢を見ていた。そう信じたかったけど」

f:id:Hamanokarisuma2:20201009224842j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009232446j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009224959j:plain

光次郎「夢じゃないんだよなぁ、コレが」

佐藤敬「監督やめたい」


第2話 指名手配


横浜スタジアム

佐藤敬「はい、三連敗で本拠地開幕戦を迎えることになったわけだけどもう我慢ならんと」

光次郎「ほう」

佐藤敬「お前らには任せられないということでホーム開幕戦は俺が行きます」

f:id:Hamanokarisuma2:20201009225316j:plain

桜木「いよいよ監督自ら出ていくまでにウチのチームヤバイです」

佐藤敬「つー訳でお前らに一から野球を教え込んでやる!!見とけ!!」

f:id:Hamanokarisuma2:20201009225424j:plain


佐藤敬「投げて!」


f:id:Hamanokarisuma2:20201009225457j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009225519j:plain


佐藤敬「打って!」


f:id:Hamanokarisuma2:20201009225559j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009225757j:plain


佐藤敬「勝ち!」

山本「チーム初勝利かっさらって行きよったで!?」

f:id:Hamanokarisuma2:20201009225740j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009225835j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009225853j:plain


光次郎「あいつ1人で良くないかな」

佐藤敬「こんなにも簡単なことなんだからやって見せろ速田!!」

f:id:Hamanokarisuma2:20201009230031j:plain

速田「はい!!」

f:id:Hamanokarisuma2:20201009230048j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009230137j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009230125j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009230154j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009230208j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009230222j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009230238j:plain

速田「ダメでした!!」

佐藤敬「うん、知ってる。全部見てたもん」

光次郎「カーブは良かったけどストレート全部置きに行ってるもん。そりゃあ持ってかれるよ」

佐藤敬「ハンカチ(斎藤佑)もやられたし榊もボロボロ、二軍に落とすか…あ、あと速田もだから」

速田、榊「えぇ!?」

斎藤佑「フハ!?」

3/26

登録抹消 速田 斎藤佑 榊 (再調整のため)
選手登録 鷹村 生田 ミラバル

f:id:Hamanokarisuma2:20201009230725j:plain

梅山「よーし、リベンジはたしてやる!!」

f:id:Hamanokarisuma2:20201009230753j:plain

佐藤敬「はい、フラグ回収」

梅山「ちくしょおおおおお!!!」


しかしこの日は珍しく

f:id:Hamanokarisuma2:20201009230843j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009230853j:plain

常盤のツーランから打線が目覚め始める!

f:id:Hamanokarisuma2:20201009230929j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009230949j:plain

打率1割と低迷の神山や六道にもタイムリーで7点を挙げたブルーサンダース!梅山は3失点も勝利投手の権利を獲得!!

あとは中継ぎに…

f:id:Hamanokarisuma2:20201009231127j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009231139j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009231151j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009231202j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009231211j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009231222j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009231233j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009231243j:plain

梅山「…あれ?勝ち…権利…あれ??」

佐藤敬「奴はとんでもないものを盗んでいきました!!貴方の白星です!!」

梅山「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

野手陣(気の毒すぎる…)

f:id:Hamanokarisuma2:20201009231410j:plain

佐藤敬「この成績もさることながらさ、この四人は何てことしてくださりやがってるのさ」

f:id:Hamanokarisuma2:20201009231646j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009231655j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009231706j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201009231717j:plain

六道「代々木君はアウト2つ取るまで防御率カンストしてたぞ」

神山「神楽坂も能力の割にはもっとやって欲しいんだがな…」

光次郎「神山さんは上がってないけど打率.235でエラー既に2つ、守備率.500ってとんでもない状態ですよ?」

神山「」

佐藤敬「…次回は名古屋へ進軍だ!!あ、あと偽魔神そろそろ方程式から外して一軍からも外そうと考えてるから」

代々木「偽魔神!?」

ルーキー監督セ界へ出港! 第1話 浸水発生

【説明】これを行うにあたっての簡潔なルールとして試合は全てオート、選手交代のみマニュアル

ドラフト、新外国人の加入はあり

FAは放出を止める以外は無し

DeNAの代わりにオリジナルチームを加入させて優勝するまでやっていく物語になります。これらを了承した上でどうぞ!







20××年 東京ドーム ビジターチーム ミーティングルーム



佐藤敬「よーし、注目!!いよいよ湘南ブルーサンダースの開幕戦が始まる!!俺達新チームの底力を見せつけてやるぞ!!」

皆「オー!!」

佐藤敬「今日からの開幕カードは巨人だ!なんだって初っ端からこんなチームとやらなきゃならないのか不満だが当たったものは仕方が無い!勝ちに行くぞ!!」

f:id:Hamanokarisuma2:20201008184805j:plain

皆「お、オー!!」

佐藤敬「開幕戦のスタメンはこれだ!!ドン!!」

f:id:Hamanokarisuma2:20201008184834j:plain

佐藤敬開幕投手は梅山に任せる!エースとして期待している!!」

梅山「うっす!」

佐藤敬「そして今シーズンのスローガンだが…」

光次郎「そんなのあったんだ…」

佐藤敬「あるんだよ!ズバリ、全速前進だ!!このとおり優勝へ突っ走って行くぞ!!全速前進!!!」

皆「ヨーソロー!!」



ミーティング後…

佐藤敬「…上手く出来てたかな」

光次郎「あれだけ出来れば上等じゃないかなー?」

梅山「威厳は出てたと思うぞ?」

光次郎「少なくとも梅山さんよりはあったねー」

梅山「黙れ!!」

佐藤敬「よ、よし!行くぞー!!」


こんな感じで始まった湘南ブルーサンダースのペナントレース!開幕戦の結果は!?




BGM 盆回り(ドリフのアレ)


佐藤敬「……」


その後のチャンスで4番神

f:id:Hamanokarisuma2:20201008185654j:plain

佐藤敬「神山さん頼んます!!」

f:id:Hamanokarisuma2:20201008185729j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201008185745j:plain

皆「あ!」

f:id:Hamanokarisuma2:20201008185812j:plain

神山「」

佐藤敬「」

梅山の投球f:id:Hamanokarisuma2:20201008185901j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201008185914j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201008185927j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201008185938j:plain


佐藤敬「……」

山本「あかん!監督が抜け殻みたいになっとる!!」

梅山「」



そして

《試合終了でございます、本日の試合はご覧の通り…》f:id:Hamanokarisuma2:20201008190201j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201008190321j:plain

佐藤敬「オォォォイ!!(高音ボイス) 梅山は燃える!チャンスは尽く凡退!!点を取ったらさらに取られる!!!なんじゃこりゃあ!!!」

光次郎「開幕戦で負けるだけでなくエースでこれだもんねー」

梅山「…面目無い」



佐藤敬「な、何のこれしきぃ!!第2戦目行くぞ!!スタメンこちら!!」

f:id:Hamanokarisuma2:20201008201349j:plain

小池「よ、よーし!」

光次郎「昨日の梅山さんみたいにKO池にならないようにね洋ちゃん」

梅山(何か言いたげだけど光次郎の言っていることが正しいため何も言えない)


だがこの日は中島のタイムリーで先制すると遂にチームに待望の瞬間が…!


f:id:Hamanokarisuma2:20201008201638j:plain

皆「来たぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!」

佐藤敬「あとはこのリードを守りきれれば…!」

f:id:Hamanokarisuma2:20201008202858j:plain

佐藤敬「」

小池「」

梅山「ドクター!!ドクター!!!」

f:id:Hamanokarisuma2:20201008203000j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201008203015j:plain

その後光次郎のタイムリーで追い付くも…

f:id:Hamanokarisuma2:20201008203056j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201008203110j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201008203321j:plain

西川が打たれて2連敗…


佐藤敬「3試合目のスタメンはコチラ…」

皆(め、眼が死んでる…!)

f:id:Hamanokarisuma2:20201008203853j:plain

山本「頼むで!!ここで監督を生き返らせるんや!!」

f:id:Hamanokarisuma2:20201008203913j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201008203959j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201008204010j:plain

常盤「無理みたいっすね!」

佐藤敬「アアアアアアアアアアア!!!!」

f:id:Hamanokarisuma2:20201008204102j:plain

f:id:Hamanokarisuma2:20201008204114j:plain


拝啓皆様


開幕カードが終わりました

僕はもう駄目みたいです





第1話 浸水発生 完

ラジオ放送について

ご無沙汰しております!

あぁ、石を投げないでください、生卵も止めて下さい…

本当にすいません…小説を投稿したり仕事が忙しくなったりで全く手を付けることが出来ませんでした…

まぁ小説に至っては再び止まっているんですけどね!ハーッハッハ!!

すみません、すみません…



まぁおふざけはこの程度にしておきまして久しぶりの投稿は何を話すのか、と言うことでしてね。

話す内容としては1つ


私、ツイキャスの方でパワプロラジオ放送を始めました!

これは最新のヤツで他の方からチームをお借りして放送をしています。もちろん湘南ブルーサンダースの試合もやっていますし、見に来て欲しいと思います!


が!注意事項が何点か

まずラジオ放送なので試合映像は一切見れません!!

次に度々言い間違えをします!(東妻をあがつま呼び)

かましいですし、音源はパソコンから直です!

自分でも良くこんなのでやろうと思ったな…と思いますがやりたい事をやるだけだったのでね?

こんなのでも構わないという方はTwitterの方で試合をやるという情報を流しますのでそれをご参考にツイキャスをお聞きください!!

これからもよろしくお願いします!!

湘南ブルーサンダース スタメン

三日坊主という言葉は自分のためにあるような気がしてなりません

どうも、D-Generation S です

今回なのですが我が湘南ブルーサンダースの選手紹介も兼ねたスタメンをご紹介しようと思います

改めて言いますがご本家様より許可を戴いているのでそこは何卒ご理解の程をお願いします…

それでは行きましょう!!



1番 セカンドベースマン 阿部 光次郎

f:id:Hamanokarisuma2:20200822073920j:plain

見ての通り不動のセカンドです

打ってよし、走ってよし、何よりも驚愕の守備範囲

調子が極端だろうが、送球が少し悪かろうがここは打順も守備も全てにおいて不動の定位置になっています

にょろ〜ん

イタズラ好きのムードメーカーですが野球に対してはストイックです

ちなみにお気に入りの1人です


2番 ショートストップ 神楽坂 智哉

f:id:Hamanokarisuma2:20200822074211j:plain

純粋な打撃能力、走力や肩は坂本と同等のレベルではあります

が、しかし

見てもらったら分かる通りまずチャンスに非常に弱く、追い込まれるとさらにミートが下がる三振持ち

トドメには捕球Fのエラー持ちという事でシーズンを通して使えば16失策ぐらいは当たり前にします

クセはありますが悪い選手ではない…と思いたいです

ちなみに阿部光次郎は高校の先輩です


3番 センターフィールダー 常盤 香輝
f:id:Hamanokarisuma2:20200822075813j:plain

4番 レフトフィールダー 神山 孝徳

f:id:Hamanokarisuma2:20200822075847j:plain

さて、続けて出しましたがこの理由は後ほどとして常盤から説明します

まさに天性のホームランアーチスト

快足を飛ばしてグラウンドを駆け巡る不動のセンターです

能力値を見れば彼が紛うことなきチームの主砲であり、チームの要の1人であることが分かるでしょう

ただやはりと言いますかチャンス、捕球とエラー持ちですね…

センターラインの阿部の過労死はほぼ確定でしょう

それでも神楽坂以上に常盤は打ちまくるので、守備を捨てても構わないと思っています

ちなみに天才なので説明をする時は基本的に擬音です


そして神山です

チーム最年長の神山は基礎能力よりも魅力的な特殊能力が山ほど付いています

特に広角砲、代打の神様の2つの金特は能力が落ちるだけの神山にとっては心強いものになるでしょう

守備はもう気にしてません

むしろ最年長者として守れるだけとてもありがたいと思います

また神山は打つだけでなく、慎重打法と選球眼を持ち合わせているため勝負どころでの四球を選ぶ力があります

光次郎が唯一頭の上がらない選手です

そして何故この2人を同時に紹介したかですが、神山は最年長者かつ左に少し弱い傾向があります

その為、相手が左投手の場合は打順と選手を変える必要があるからです

その場合、まず神山を下げて佐藤敬、あるいは岩橋翔太を使います

f:id:Hamanokarisuma2:20200822082207j:plain

佐藤敬は左に強い、という訳では無いですがバックアップとしては充分かと

パワーヒッターを持ち、チャンスに強い

投手との二刀流なので併用にはどうかと思われますが、自分としては適合しているかと思います

f:id:Hamanokarisuma2:20200822113311j:plain

そして岩橋ですが、本職はキャッチャーで外野はサブポジションになってます

それでも打撃センスや走力、肩などは外野としても活きてきます

投手能力は別の機会にお見せしますがこの佐藤敬を3番レフトで使い、常盤を4番センターで使います

5番 ライトフィールダー 中島 康徳

f:id:Hamanokarisuma2:20200822083906j:plain

常盤までは行かずとも、ホームランアーチストとしては充分なパワーと打撃センスを持ち合わせている選手です

ミートも高いため打率も残せ、ホームランも打てる

さらにチャンスにも強くビハインドの場面も強いため勝負どころでの打点も稼げます

守備は肩以外は飾りです


6番 ファーストベースマン C.J.ポール

f:id:Hamanokarisuma2:20200822091248j:plain

アメリカンバズーカのポールはかなりクセの強い外国人選手です

左に滅法弱く、チャンスも苦手、それでも長打力には期待が出来ますし他と比べると守備面でもそれ相応にプレーをすることが出来ます

特能はアレかも知れませんが油断をすれば間違いなく痛い目に合うでしょう

とは言え、やはり左に弱いネックは否定しきれないため相手によっては町田を使います

f:id:Hamanokarisuma2:20200822091751j:plain

町田と聞いてパッと来た人は鋭いですね、そうです

この町田は元広島、阪神でプレーをした町田公二郎選手です。守備面はやはり…ですが左には強く、ポールとはまた違った打撃センスを持ち合わせています

町田以外にも元プロ野球選手を作ってあるのでお楽しみに

7番 サードベースマン 桜木 佳輔

f:id:Hamanokarisuma2:20200822095304j:plain

高いミート力と長打力を持ち合わせたサード

キャッチャー入団もリードに難を持ち、サードへコンバートされたが高い適応力で今ではスタメンに

さらにファーストも守れる器用さもあることから守備でも非凡なものを持っていることが分かります

また長打力がありながらも高いミート力で安打を量産するタイプでもあります

8番 キャッチャー 杉岡 達也

f:id:Hamanokarisuma2:20200822110011j:plain

正確無二のコントロールと塁を盗む輩を許さないと言わんばかりの強肩を持つキャッチャー

打撃面では荒さが残るもののそれ以上の価値があると言っても過言ではない肩が魅力

f:id:Hamanokarisuma2:20200822113411j:plain

また、左が相手の時は杉岡よりも左に強い六道がマスクを被ります

打撃や肩は劣りますがやはりキャッチャーBですね

パワプロ内でもトップクラスの特能を持つ六道は正直、スタメンで144試合出させたいほどです

一応、外野の方でも名前が上がっている岩橋はキャッチャーEと言うことで第3捕手と考えています


スタメンはこんな感じですね

一応そのうちベンチなども紹介しますのでお楽しみに

湘南ブルーサンダース選手紹介(その2)

今回もやります選手紹介

今回はこの選手達です

f:id:Hamanokarisuma2:20200818014418j:plain

岩橋翔太

強肩強打が魅力的なキャッチャー

外野適正もあり、いずれのポジションでも肩を活かしたプレーが長所

また、足も持ち合わせており内野安打も稼げる

短所としては物覚えが悪く、捕手のリード面では他よりも劣る


f:id:Hamanokarisuma2:20200818004511j:plain

米倉遥翔

守備と走塁のスペシャリスト

試合終盤で出てくると塁上からはプレッシャーを、外野からは強烈なレーザービームで動きを封じ込めていく

この数年で打撃にも磨きをかけてきており、スタメンとしても名を馳せ始めている


f:id:Hamanokarisuma2:20200818004726j:plain

杉岡達也

その肩とコントロールは球界の捕手陣でもトップクラスのものとなっており鉄砲肩の名は伊達ではないことを表している

打撃面はイマイチながらも肩を含めた守備面ではチームの司令塔争いに名を挙げている

後は安定した成績を残すだけである


f:id:Hamanokarisuma2:20200818010215j:plain

代々木大

湘南のセットアッパー候補

150km/h台の速球と大きな落差とキレのあるフォークで打者をキリキリ舞いにする

またコントロールも良く、追い込んでからの決め球はまさに打者との対戦を決めてみせるものだ

付いたあだ名はヨヨ魔人

f:id:Hamanokarisuma2:20200818010552j:plain

速田譲

剛腕ストレートと大きな落差のドロップカーブ、高いスタミナを持ち合わせている先発投手

かつてのノーコンバズーカは相も変わらずコントロールが定まらないものの調子の良い時は程よい荒れ球となり相手をなぎ倒していく(物理的にも)

ローテーション入りが期待されている投手でもある



今回はここまで

次は誰が出てくるでしょうか

お楽しみに!

湘南ブルーサンダースの悩み

f:id:Hamanokarisuma2:20200817001316j:plain

どうも、小説に手をつけながらもなかなか投稿できずにいるこの頃です

いよいよ始まったチームの募集、といっても何のことだかという人が多いのでハッキリと言いますとヴァヤシコフさんというパワプロ動画主さんがオリジナルチームの募集を行い始めたのです


パワプロとバンドリという自分にとっても好きなもののクロスということもあり、動画を見始めてから半年にも関わらずこの動画に携わって見たい気持ちが出てきました

考えた末、これまたニコニコ動画パワプロの動画を投稿しているトラさん(代表作 八重山アスレチックス、琉球ブラックサンダース)から許可を得ましてオリジナル選手の作成などを行いアレンジチームを配布、提供させてもらおうと思ってた





のですがチームを提供するに当たって問題点がありまして、チームバランスがかなり重要になるらしいのです

要は強すぎてはダメだよ、と言うやつですね。まぁ当然といえば当然なのですが果たして何処までがチームとして、選手として強すぎるのかがあまり分からないのが難しいですね

ちなみに提供する予定のチームのエース投手は星400前半、不動のセカンドもほぼ400とまぁ何ともなんですよね…

選手の人数を減らしたり、選手を1から作り直したりしてバランスを取っているつもりなのですがもしもダメだったら…なんてことも頭によぎるので怖いですね

まぁ、ダメだったらダメだったと言うだけなので割り切るところはしっかり割り切ろうと思います



さて、不安な話はここまでにして今回からは我が湘南ブルーサンダースの選手を何人か紹介しようと思っています

設定などもあるので最後まで見てくださると幸いです

ちなみに能力はトラさんが配布しているデータを元にしています


f:id:Hamanokarisuma2:20200817002724j:plain

まずは琉球のゴッドこと神山孝徳です

設定としては引退して1年ほどした後に新規球団に力を貸すべく現役復帰、という感じです

これまでの動画を見返したこと、大ベテランとしての特能を考え代打の神様、広角砲を、そしてやはり勝負の局面の強さを表現すべく意外性も付けました

f:id:Hamanokarisuma2:20200817003440j:plain

続きましてこちらはタツノリです

ちなみに苗字は石野です

彼は琉球ブラックサンダースのオーナーの息子でコネ入団をした原作の設定を引き継いでいます

オーナーの息子ながらも父親に頼らず自身の力で成し遂げようとする努力家であり、その努力が少しずつ開花しはじめたという設定です

ちなみに野良天才です

f:id:Hamanokarisuma2:20200817003748j:plain


そしてこちらは投手の鷹村です

琉球ブラックサンダース時代は投手コーチが目をかけ高く買い続けてきた剛腕リリーバー

球速はついに160km/hの世界に到達ながらも相も変わらずのコントロールで遂に放出、それでも球速に見せられ新規球団に拾われた投手となってます

ちなみにこの能力でどんなものかと言うと
f:id:Hamanokarisuma2:20200817004251j:plain


燃えとるやん!?

原作通りでした…


とまぁ、こういった感じで選手は何人か出していくつもりですが最終的には全選手をもう一度出すのでまたご確認ください

それでは今回はここまで